キース・ジョンストンのインプロ

キース・ジョンストンは、物語性を重視した即興芝居を目指しました。興味深い物語というものは、主人公が大変な目に遭う。
ジョンストンは、役者が自分の安全をキープしようとして興味深い展開にならないことに着目し、それを克服する様々なゲームやエクササイズを考え出しました。失敗すること、うまくできないこと、評価されること、未知へ向かうこと、冒険することを恐れずに、ドキドキワクワクする物語を創造し、体験します。