台本のある芝居

選ばれた台本を読み解き、登場人物の深い心理に迫り、場面場面を自分の真実を使いながら1組ずつ演じていきます。経験したことのないシチュエーションをリアルに信じ、普段の自分とは違う人物となる体験は、「自分」を大きく、深く、豊かにすることになります。必要に応じてメソッド演技の観点やエクササイズを取り入れ、リアリティーのある演技を目指します。

普段は人に見せない真実の自分をむき出しにする演技。
自分だったらしない言動をする人物の心理を探って自分のものにする演技。

架空の世界をリアルな現実として実感する。台本のある芝居には、即興の芝居にはない面白さがあります。

※即興で演じる人にもお勧めのクラス。